Download
slide1 n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
平成23年度 沖縄市立沖縄東中学校 学力向上対策成果報告 校  長:新垣利雄 学対担当:宮城 渉 PowerPoint Presentation
Download Presentation
平成23年度 沖縄市立沖縄東中学校 学力向上対策成果報告 校  長:新垣利雄 学対担当:宮城 渉

平成23年度 沖縄市立沖縄東中学校 学力向上対策成果報告 校  長:新垣利雄 学対担当:宮城 渉

241 Vues Download Presentation
Télécharger la présentation

平成23年度 沖縄市立沖縄東中学校 学力向上対策成果報告 校  長:新垣利雄 学対担当:宮城 渉

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. 平成23年度沖縄市立沖縄東中学校学力向上対策成果報告校  長:新垣利雄学対担当:宮城 渉平成23年度沖縄市立沖縄東中学校学力向上対策成果報告校  長:新垣利雄学対担当:宮城 渉

  2. 報告の流れ • 諸調査の結果 • 学校の取り組み • 成果と課題

  3. 報告の流れ • 諸調査の結果 • 学校の取り組み • 成果と課題

  4. ●諸調査の結果 入試模試3学年(平成23年10月) 試験問題に慣れさせるための宿題の配布 前年度と比べて4教科でポイントが上昇している

  5. ●諸調査の結果 沖縄市学力調査1・2学年(平成23年4月) 前年度同様全体平均との差が見られない 試験問題に慣れさせるための宿題の配布

  6. ●諸調査の結果 沖縄市学力調査1学年(平成23年12月) 前年度同様全体平均との差が見られない

  7. ●諸調査の結果 沖縄県学力到達度調査2学年(平成23年12月) 試験問題に慣れさせるための宿題の配布 県平均と比べて3教科で 10ポイント近くの差がある

  8. 報告の流れ • 諸調査の結果 • 学校の取り組み • 成果と課題

  9. ●学校の取り組み (1)家庭学習の定着にむけて  ①習慣化されるように点検作業を行う  ②保護者のコメントをもらうことで生徒、担任、保護者のつながりを密にする ③定期テスト前に家庭学習教科月間の実施 ④教科ごとに宿題配布

  10. (1)家庭学習の定着にむけて(終了冊数1月末現在)(1)家庭学習の定着にむけて(終了冊数1月末現在) 目標年間 終了冊数 4冊 学校平均 2.3冊 担任のチェック体制

  11. ●学校の取り組み  (2)学習規律のさらなる定着 ①ベル着席の徹底 ②学習用具の準備 ③始業と終業のあいさつ ④「姿勢を正す」ことの徹底 ⑤教科書の持ち帰り指導 沖縄東中 学習の心得・5カ条 号令のかけ方 Empty Friday

  12. ~生徒アンケート(H23年7月実施)~ ※できている・どちらかといえばできている合計 90%近くの生徒に浸透している

  13. ~生徒アンケート(H23年7月実施)~ ※できている・どちらかといえばできている合計 取り組みによる変化はなく、 忘れ物の改善はみられない 学習用具を持ち帰っていないのでは?

  14. ~生徒アンケート(H23年7月実施)~ ※できている・どちらかといえばできている合計 徐々に浸透してきている

  15. ~生徒アンケート(H23年7月実施)~ ※できている・どちらかといえばできている合計 数学と社会で 誤答レポートの実施

  16. ~生徒アンケート(H23年7月実施)~ ※できている・どちらかといえばできている合計 全体の25%が 家庭学習時間が0時間

  17. ~生徒アンケート(H23年7月実施)~ ※できている・どちらかといえばできている合計 90%以上の生徒が意識している

  18. ~生徒アンケート(H23年7月実施)~ ※できている・どちらかといえばできている合計 家庭訪問や三者面談などの広報活動 大幅な上昇となる

  19. ~生徒アンケート(H23年7月実施)~ ※できている・どちらかといえばできている合計 早登校の奨励・朝のあいさつ運動 2年連続で効果が出てきている

  20. ~生徒アンケート(H23年7月実施)~ ※できている・どちらかといえばできている合計 家庭学習時間の減少 塾などの帰宅時間の影響 生徒の時間の使い方の優先順位は?

  21. ~生徒アンケート(H23年7月実施)~ ※できている・どちらかといえばできている合計 起床時間が早くなってきた 部活動の朝の活動が増えてきた

  22. 理想の生活リズムの提案 現在 提案 就寝時間 23時まで 就寝時間 23時30分ごろ  起床時間 6時30分まで 起床時間 7時まで 勉強時間 1時間以上 勉強時間 30分くらい 家庭学習 2ページ以上 家庭学習 1ページ前後 授業の予習中心 効果的でない漢字・英単語の反復練習・復習中心 娯楽時間 1時間前後 娯楽時間 2時間以上 生活リズムの改善が夢実現の第一歩!

  23. ●学校の取り組み 読書活動について 年間目標冊数40冊 平均読書冊数(H24年1月末) 昨年度の平均 33冊(1月末) 全体の23%が 達成している 1年2・3・4組が 目標を達成 達成者数 (H24年1月末)

  24. ●学校の取り組み家庭・地域と連携した取り組み●学校の取り組み家庭・地域と連携した取り組み • 学校評議員との連携 • 読み聞かせサークル「とびら」 • 外部コーチによる部活動指導 • 月1回の授業参観の実施 • 学校評価の実施 • 保護者による学校行事の積極的参加 • ステップアップ講座の実施

  25. ●学校の取り組み家庭・地域と連携した取り組み●学校の取り組み家庭・地域と連携した取り組み Ⅰ「ステップアップ講座」のねらい (1)数学・英語の下位層の底上げ (2)保護者と連携して家庭での学習習慣を身につけさせる (3)定期テストで得点が上がることによって自信をつけさせる

  26. ●学校の取り組み家庭・地域と連携した取り組み●学校の取り組み家庭・地域と連携した取り組み Ⅱ「ステップアップ講座」の運用 (1)三者面談中と定期テスト前に実施 (年12回) (2)教科は数学・英語 (3)数学・英語の定期テストの得点が低かった生徒を抽出 (4)担外と保護者で解答・解説

  27. ●学校の取り組み家庭・地域と連携した取り組み●学校の取り組み家庭・地域と連携した取り組み Ⅲ「ステップアップ講座」の様子 保護者・教師が 個別指導している

  28. ●学校の取り組み家庭・地域と連携した取り組み●学校の取り組み家庭・地域と連携した取り組み Ⅳ「ステップアップ講座」の参加人数 三者面談(7月・1月)に6コマ実施 生徒の参加者が全学年で増加している

  29. 報告の流れ • 諸調査の結果 • 学校の取り組み • 成果と課題

  30. <成果> (1)家庭学習の目標冊数達成者が全体の28% (2)目標読書冊数達成者が全体の23% (3)3学年入試模試英語,2学年到達度調査理科では、市内・全体平均を大きく上回っている (4)保護者と連携した補習の実施

  31. <課題> (1)家庭学習の平均終了冊数の減少1学年→2.4冊 2学年→1.7冊(↓) 3学年→2.8冊(↓) 全体→2.3冊(↓) (2)家庭学習の取組みの男女差の拡大 (3)2学年到達度において理科以外の4教科は市内全体平均との差が広がってきている (4)目標読書冊数40冊を達成できなかった

  32. <対応策> (1)授業と連動した宿題の提示とチェック(英語・理科・数学) (2)勉強方法を各教科で指導していく (3)家庭学習を担任が効率よく点検する方法 (4)地域支援コーディネーターと連携して補習の計画と運用 (5)図書館内にある魅力的な本の紹介

  33. おわり