Download
slide1 n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
平成 24 年度 化学工学会インターンシップ成果報告 PowerPoint Presentation
Download Presentation
平成 24 年度 化学工学会インターンシップ成果報告

平成 24 年度 化学工学会インターンシップ成果報告

322 Vues Download Presentation
Télécharger la présentation

平成 24 年度 化学工学会インターンシップ成果報告

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. 平成24年度 化学工学会インターンシップ成果報告平成24年度 化学工学会インターンシップ成果報告

  2. 応募経緯 • インターンシップを通して会社・仕事を知る • 教授からの紹介 • 研究室の先輩が化学工学会主催のインターンシップに参加していた • 化学会社って何してるのか? • 工場や会社の雰囲気は?    • 化学工学はどう活かされているか? 目的 敷地面積最大級の事業所を有する東ソーに応募!

  3. 研究概要 (反応蒸留塔の概略設計) • シミュレーションソフトを使用して異性化反応を伴う蒸留塔を設計 モデルの作製→ソフトとエクセルを用いて最適化(供給段、q線、熱量、反応器容積・・・) • 概略コストの計算、経済計算の考慮 冷却水 実際の会社では、機器の性能だけでなく、機器費用やユーティリティ費を考慮して経費が最小となるプラントの設計が求められる。(製造原価、固定費、機器コスト・・・) 留出 • 製造課工場見学 (蒸留塔運転シミュレーション) 供給液 触媒 缶出

  4. 研修の結果得たもの • 化学工学の基礎の重要性 大学で学んだソフト、式、用語を当たり前に使う • 大学と会社での違い スケールの大きさ(プラント、金額) 徹底した安全管理 (ゼロ災で行こう!) • 会社の雰囲気 HPではわかりにくい仕事にやりがいを感じている人多い 化学会社での仕事にイメージを描けるようになり、自信が得られた

  5. 研修の感想 研修内容に満足 →始めは一人で不安だったが社員の方が親切に指導してくれた コミュニケーション →会社では様々な部署、年齢の方と関わるためコミュニケーション力が必要だと感じた プラント →化学プラントは大きい!でも、無駄が少ない徹底した安全 学生という立場で仕事を体験し、大学生活にはない充実した2週間を過ごすことができた。

  6. 学会への要望 第一希望、第二希望があるとよいのでは?   一部の企業に偏ることがある・・・ 後輩への紹介 • 是非学会主催のインターンシップに参加を! • ・実際に働いている人の意見は参考になることが多い! • ・自由応募よりも参加しやすい!

  7. 謝辞 インターンシップという貴重な企業体験の場を提供していただきました化学工学会様、東ソー株式会社様、本当にありがとうございました。 静岡大学大学院 永井秀和