Download
slide1 n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
ロータリー財団の未来の夢計画 PowerPoint Presentation
Download Presentation
ロータリー財団の未来の夢計画

ロータリー財団の未来の夢計画

155 Vues Download Presentation
Télécharger la présentation

ロータリー財団の未来の夢計画

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. ロータリー財団の未来の夢計画      PDG  石井良昌(尼崎西) (2011年7月2日・源流セミナー)

  2. ロータリー財団を語る前に ロータリーの奉仕理念には 2つのドキュメント(文書)がある この理念を理解してロータリーを語ろう

  3. その1つ目のドキュメントとは • 決議23-34にある Service Above Self・・・[奉仕哲学] 超我の奉仕       および  He profits most who serves best. ・・・[実践倫理] 最もよく奉仕する者、最も多く報いられるというシェルドンの職業奉仕の理念

  4. この決議23-34の第4項に 奉仕するものは行動しなければならない。従って、ロータリーとは単なる  心構えのことをいうのではなく、また、ロータリーの哲学も単に主観的な  ものであってはならず、それを客観的な行動に表さなければならない。そして、ロータリアン個人もロータリークラブも奉仕の理論を実践に移さなければならない。

  5. 2つ目のドキュメントは • Official Directoryの裏表紙に The ideal of Service 奉仕の理想の  説明がある 奉仕の理想とは   「人に対する思いやりや         人のお役にたつこと」  という理念がある

  6. ロータリアンがめざすもの これらの奉仕理念を学びながら、 奉仕の心を育み、自分自身を磨き 世のため、人のために、国際貢献、社会 貢献していきます すなわち、 「入りて学び、出でて奉仕せよ」

  7. ロータリー活動は これらの奉仕理念をよく理解して、   ロータリー財団にも取り組んで下さい   ロータリー財団も 「未来の夢計画」に 2013~14年度から移行します

  8. 未来の夢計画 試験段階(パイロット)の概要  財団の未来の夢計画の下に提供される  新しい補助金構成を3年間、全世界で  約100地区がこのパイロット地区として  参加し、日本では6地区が参加

  9. 補助金の名称 ロータリー財団 新地区補助金 ロータリー財団 グローバル補助金

  10. 試験地区での新補助金構成 ①新地区補助金   ・・・地区財団活動資金(DDF)の 50%までを使用できる ②グローバル補助金   ・・・6つの重点分野の一つもしくは複数に     関連した人道的プロジェクトを支援      国際財団活動資金(WF)によって     資金が上乗せされる

  11. 新地区補助金の残りの25%の使い道 (残りのDDFの25%は何に使うのか?)   ① グローバル補助金にも使える   ② ポリオ・プラスに寄贈   ③ ロータリー平和センターに寄贈   ④ 他地区への寄贈

  12. 2年の業務周期で計画年度と実施年度  各クラブ会長エレクトがプロジェクトを  計画していき、次の年に実行していく  そこで、2012~13年度の会長エレクトは  しっかりとした計画を立てること

  13. なぜ未来の夢計画なのか • ロータリー財団の100周年に備える • 膨大な成長 (MG・・マッチンググラント) • ・・・MGが1965-2000年で1万件だったのが • 2001-04ではや1万件が授与された • 人道的なプロジェクトで重要な存在であり続ける • 発展していく組織 • ロータリアンからの意見 • 継続性、重要性、簡素化

  14. ロータリアンからの意見 • プログラムの項目を簡素化し、的を絞る • バランス— 世界と地元地域 • 持続的で大きな成果に焦点を当てる • 「自分たちの財団」であるという自覚を持ち—( 地元に決定権を移行)

  15. ロータリー財団の標語と使命 Doing good in the world 世界でよいことをしよう R財団の使命 「ロータリアンが健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすること」 2007年4月規定審議会で承認

  16. 平和と紛争予防・紛争解決 疾病予防と治療 水と衛生設備 母子の健康 基礎的教育と識字率向上 経済と地域社会の発展 6つの重点分野

  17. 財団は2つのタイプの補助金を支給 (1)新地区補助金    DDFの50%以 内を使って、地区    の裁量で自由に、人道的、教育的    、社会奉仕活動等のプロジェクト    を実施できる。財団が関与するこ    となく、地区が管理するもの。 (財源はDDFの地区財団活動資金のみ)

  18. 新地区補助金の特徴 *人道的、教育的プロジェクトにも使用可 *1プロジェクト当りの補助額に上限も  下限もない *地元、国内、海外の既存建物の改築,修理および施設の改築事業も可 *文化・芸術分野に関する奨学金  (海外でも地元の大学に行く場合も可) *経済的に困っている学生への学費の支援 

  19. 2つ目の補助金 (2)グローバル補助金  ①クラブ&地区計画補助金   クラブ、地区が財団の重点とする6つの   分野に関するプロジェクトを独自に立案し         、申請するもの。資金は提唱クラブによる        現金寄付、地区によるDDF寄付、そして   財団のWFの組み合せ補助金により調達   されるもの。

  20. グローバル補助金の特徴 *6つの重点分野のいずれかに該当する  プロジェクトでなければならない *財源はDDFとWFと現金の組合せ *プロジェクト1件ごとにProposalを提  出し、その後申請します *補助金の下限は1万5千ドル、上限は  20万ドル 

  21. 3-Hプログラムの目的 国際間の理解、親善および平和を 促進するための方法として、 人々の    健康状態を改善し、 (Health)    飢餓を救済し、  (Hunger)    人間性尊重 (Humanity)    を図ること

  22. フィリピン文部省にて   2011.6.14

  23. 5人の中央がLuistro文部大臣  2011.6.14

  24. 関係者一同に謝意と敬意を表する 6/14

  25. カンボジアの小学校の教室 (2003年10月)カンボジアの小学校の教室 (2003年10月)

  26. 識字率向上はなぜ必要か 非識字(文盲)と貧困は悪循環を繰り返す。  識字率向上は貧困から脱出するための極めて有効な手段となり、  特に人口問題や環境問題にも  大きく貢献する。  人口問題解決の最大の決め手は  若い女性の教育である。 

  27. CLEとは Concentrated Language Encounter (語学集中研修) オーストラリアの教育者のブライアン グレイがこのCLEを研究し、 RI識字運動の父と言われるオースト リア9630地区PDGリチャード ウォーカー博士が開発した

  28. このCLEは •  こどもたちの未来を開く 言語教育法である   と言われている

  29. 先生のお話に真剣に取り組むこどもたち(2003年12月マニラ)先生のお話に真剣に取り組むこどもたち(2003年12月マニラ)

  30. CLE の3-Hグラントの国際パートナーとなる(2006年2月)

  31. 教育長とCLEの全国のカリキュラムにこのCLEの教育長とCLEの全国のカリキュラムにこのCLEの 取り組みを検討してもらった(2007年2月)

  32. 3HでのCLE発足記念式典にて (2007年9月)3HでのCLE発足記念式典にて (2007年9月)

  33. 学生と英語教師を連れてスタディツアー(09年1月)学生と英語教師を連れてスタディツアー(09年1月)

  34. 第1期生卒業式 (2009.4.1)

  35. 第1期生卒業式(2009.4.1)

  36. 活動例 新地区補助金:財団の使命に関連 • さまざまな職業を交え、互いの地区を訪問しあう職業研修チーム(従来型の研究グループ交換 GSE) • 海外のクリニックでボランティアをする地元医師の渡航 • 学生が地元または海外の大学に通うための奨学金(従来型の奨学金) • 地元学校の放課後プログラムを支援するための図画教材の寄贈 • 他地区の自然災害の被害者にシェルターボックスを送る

  37. 生まれ変わる補助金 • たとえばGSE(研究グループ交換) 職業研修チーム(VTT)と変わり  グローバル補助金でも新地区補助金  でも使用可。片道可。25歳から40歳の  年齢が18歳以上で上限の年齢制限無し

  38. 生まれ変わる補助金 • 奨学金についても 新地区補助金の資金は大学生、大学院生、  期間、専攻分野、文化研修等に関する  制約も無く、奨学生が海外へ留学する  義務も無く、自国の大学へ通うために  学生を支援することもできます  奨学金の基準はゆるやか(地区で決定) 

  39. 生まれ変わる補助金 • グローバル補助金での奨学金  まず提案書(プロポーザル)を提出する。 6つの重点分野の専攻分野とキャリア  目標を持つ、大学院レベル以上の奨学生。  奨学生は自分の選んだ大学の入学許可  書を申請時に提出。  申請時に受入側提唱者となる地区又は  クラブ名も記入する必要あり。

  40. 活動例 グローバル補助金:重点分野 • 安全な飲料水、公衆衛生、衛生教育に関する国際的なプロジェクト • 水工学プログラムで学ぶため奨学生を海外留学に派遣 • 蚊帳を配布したり、治療を提供するなど、マラリアに対応する国際的なプロジェクト • 成人の識字率向上をめざし、教授方法を学ぶための海外のワークショップに職業研修チームを派遣

  41. 新地区補助金 地区が申請 一括して支払われる 地区が管理 ロータリー財団の一般指針 創造性と説明責任 地元からとDDFからの出資のみ DDFの50%まで – 最低額または最高額の制限なし 補助金の特徴

  42. グローバル補助金 . 6つの重点分野に関連  資格を有するクラブまたは地区が申請 DDF、国際財団活動資金(WF)、「流動的」現金寄付、恒久基金の収益、冠名寄付 高額な授与額(15,000米ドル以上)およびプロジェクト費用 DDF、現金、使途推奨冠名基金に組み合わせて支給されるWF 合理化された資金管理と説明責任 補助金の特徴

  43. 寄付の税制上の優遇措置の対象 • (1)本年4月1日からのR財団への    寄付は公益財団法人ロータリー    日本財団へ寄付しますと、 個人寄付の場合、寄付金の合計額    から2,000円を引いた金額が総所得    金額から控除できます。    但し、その年の総所得の40%相当        額が限度となる。 

  44. 寄付の税制上の優遇措置の対象 • 法人寄付の場合、通常の一般寄付金の  損金算入限度額と同額以上が別枠とし  て、損金算入が認められます。  また、公益財団法人ロータリー日本財  団への寄付は、全てロータリー財団の  寄付として扱われます。認証及び寄付  累計も維持されます。

  45. 恒久基金への寄付も対象に • (2)本年7月1日より恒久基金も     税制上の優遇措置の対象となり     ました。これも個人及び法人     からの寄付は税制上の優遇措置     の対象となり、公益財団法人     ロータリー日本財団の口座に     寄付金を振り込む。

  46. 東日本大震災の復興支援事業について • マッチング・グラント(MG)の手続き  を踏まなくても財団の補助金を使って  復興事業を行えるようになった。  MGでは認められてなかった建築など  が可能となり、海外のパートナーが無  くても被災地のクラブ及び地区だけで  申請できるようになった。

  47.   源流セミナー