Download
slide1 n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
落雷について PowerPoint Presentation
Download Presentation
落雷について

落雷について

259 Vues Download Presentation
Télécharger la présentation

落雷について

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. 落雷について 8月11日(日)午後5時18分 清さん(沼津市在住)所有の木に落雷し、高橋宅アルミフェンスを 伝わって、地上を南東 (川口、武藤宅)方向に 放電しながら走り抜ける。 2013年8月の高橋宅北側の落雷 ・電話の復旧       8月13日(火)午後 ・インターネットの復旧  8月15日(木)午後 ・太陽熱温水器の復旧   8月16日(金)午後 *ブレーカー保護 ・太陽光発電施設の復旧  8月28日(水)午後

  2. 原因 王子エフテックス株式会社の樹木伐採に伴い、その箇所が平地となったため、隣接の清さん山林の樹木に落雷し、その誘電雷のため、高橋宅を含む5軒の家電品および太陽光発電など多くの弱電制御機器系統が破壊される被害がでた。 対策 ・ダントツに高い木の伐採 (清さん) ・避雷針の設置

  3. 自宅付近の地図(上羽鮒区松林町内会) 落雷箇所自宅付近の地図(上羽鮒区松林町内会) 落雷箇所 伐採前の写真 芝富小学校 自宅 芝川公民館 上羽鮒区松林町内会 芝川中学校

  4. 西側から見た写真 (注) 真ん中の落雷した木は1年後に   樹木全体が枯れてきました 高橋宅 メガソーラー建設予定地 メガソーラー建設予定地

  5. 落雷した樹木 「セイ」と青色で識別表示されている 途中から、隣の樹木に誘電し、地上に達している 落雷直後、焦げ臭い 匂いが漂った

  6. 北から南方向に向かって、深さ20cmの放電による溝が生じ、コンクリート製の石垣と石積みを破壊した。北から南方向に向かって、深さ20cmの放電による溝が生じ、コンクリート製の石垣と石積みを破壊した。

  7. 落雷による、超高電圧の放電現象の作用により、石垣およびアルミ落雷による、超高電圧の放電現象の作用により、石垣およびアルミ フェンスの基礎が破壊され、隣接していた重さ50㎏のコンクリートブロックが1m以上吹き飛んだ。

  8. アルミフェンスに雷が伝わって、南の方向に火柱が流れて行った。                           アルミフェンスに雷が伝わって、南の方向に火柱が流れて行った。                            コンクリート製基礎および石垣が破壊された。さらに 台形のコンクリートブロックも1m以上吹き飛ばされた。

  9. 石とコンクリート接着面がはがれ、クラックが生じた石とコンクリート接着面がはがれ、クラックが生じた

  10. 落雷した樹木

  11. 南から見た写真

  12. 東から見た写真

  13. 北から見た写真

  14. 伐採地より北西側を望む 西から雷雲が来る場合は、先方の山の稜線に落雷し、その後ここに落雷 する場合が多い。年2、3回の落雷がある。 これまでは、伐採前の高い木に落雷すること により住宅地まで被害が 及ばなかった。 (2ないし3回程度 落雷あり)

  15.  「寄り合いサロン松林」だよりは、今後、簡素化のため2ケ月毎の発行となります。 「寄り合いサロン松林」だよりは、今後、簡素化のため2ケ月毎の発行となります。 7/15(月)の茶話会では「猛暑に備え、集会所玄関前花壇の水やり当番を決めて管理することにしました。当番になった皆さんご協力お願いします。また、先月の市施設めぐり参加者には集合写真をお渡しすることが決まりました。すでにお届け済みです。 8/19(月)の茶話会では「8/11に起きた高橋宅裏の落雷被害」の話題に注目が集まりました。午後5時18分、清さん所有(沼津市在住)の高い木に落雷。木の皮が焦げ高橋宅東アルミフェンスまでの地面が掘り起こされ、石垣を破壊。さらに近隣の冷蔵庫、扇風機、電話回線を介してパソコン、インターネット回線、モデム、無線ラン、ハブなど通信回線が破壊されました。突然の落雷にびっくり。雷が鳴り出したらブレーカ、電話線の遮断が必要。 次回予定の「楓の丘見学」は敬老の日と重複のため、見学会は別途日程調整します。 「寄り合いサロン松林」だより 回覧 2013年 7,8月号 町内会でも話題となり、注意喚起のため、寄り合い処のニュースで各班に回覧、発信された。 お知らせ1 お知らせ2 ・ やく 平成25年第1回寄合処スタッフ研修会  ・7月26日(金) 13:30-15 芝川公民館  ・出席者  高橋正宏 清 正義 (2名)   ・内容  寄り合い処の情報・意見交換 芝富地区は9箇所に増えた。共通課題は  男性参加への期待、引きこもりの方への  心配、食事継続のあり方等の意見が出た。 次回、9月度は敬老者との昼食会 ・2013年9月16日(月)    松林集会所 午前11時から  ・敬老会出席者とのおしゃべり会  ・弁当はサロンが一部負担。参加者   は前日迄に会計まで連絡ください (会計 2班 川口さん 65-1984) 2 1 誘導雷とは、雷が落ちると、その周辺にある電線や電話線、アンテナなどに発生する大きな電圧・電流のことです。誘導雷が電線などを伝って建物内に入り込むことで、電気製品を故障させます。  誘導雷の影響は数キロ先まで及ぶと言われています。近くでゴロゴロと雷が鳴りだしたら、誘導雷の危険性があります。 代表  高橋正宏 電話  0544-65-1526 対策 家の電源線安全ブレーカを切り、家電製品の       電源線(プラグ)をコンセントから抜きましょう。また、電話やパソコンに繋がっている通信線や、テレビのアンテナ線を抜きましょう。そのような時のためにあらかじめ 避雷器 を取り付けておくと、雷の被害を防ぐことができます。火災保険に入っておくと良い。 以上

  16. 抜粋 拡大したもの

  17. 抜粋 拡大したもの

  18. 電気製品の被害状況 *パソコン関係で破壊された部品 1. モデム 2. ハブ 3. ネットワーククライアント機器 4. 太陽光発電通信回線 5. インターネット回線 6. ディスクトップPC有線ラン端子

  19. 住民側としてとるべき対策 雷が鳴り出したら電源ブレーカ(商用電源)を  遮断する。 2. 電話線をぬいてインターネットなどの弱電信号  回路を遮断する。 3. 市販されている雷サージ付コンセントなどを  介して、過電圧過電流による侵入破壊を防ぐ。 雷は 在宅時以外での発生もあるため、  基本的には、落雷被害を防止する手立てを  講ずる必要がある。

  20. 最後に、あらためて お願いしたいこと 地主清さん所有の 断トツに    高い木(3本)の伐採 2. 避雷針の設置 END