Download
slide1 n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
オオクチバス・ブルーギルの生息場所に 水の透視度が及ぼす影響 PowerPoint Presentation
Download Presentation
オオクチバス・ブルーギルの生息場所に 水の透視度が及ぼす影響

オオクチバス・ブルーギルの生息場所に 水の透視度が及ぼす影響

133 Vues Download Presentation
Télécharger la présentation

オオクチバス・ブルーギルの生息場所に 水の透視度が及ぼす影響

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. オオクチバス・ブルーギルの生息場所に水の透視度が及ぼす影響オオクチバス・ブルーギルの生息場所に水の透視度が及ぼす影響 水利環境学研究室 渋谷あゆみ

  2. 1 特定外来生物 オオクチバス(Micropterus salmoides) ブルーギル(Lepomis macrochirus) 1.背景・目的 日本各地で分布を拡大 →在来魚の生息密度の低下・種多様性の低下 →駆除等の対策(既知の生態から講じる) 効果的な方法が無い 新たな視点からの生態解明が必要 仮説 視覚に頼った採餌 透視度が高い場所に生息 透視度とオオクチバス・ブルーギルの 分布場所に関連があるかを検討 目的

  3. 2 2.調査地 5 中江川 調査地岐阜県安八郡輪之内町  大榑川(5地点)   中江川(5地点) 4 3 5 2 4 3 1 2 1 大榑川 出典:Yahoo!地図 輪之内町 出典:フリー百科事典「ウィキペディア」 輪之内町位置図

  4. 3 • ○大榑川 • 植生が豊富 • 河床:泥・礫 • 「ブラックバス釣り」に訪れる人が多い • ○中江川 • 植生が少ない • 河床:泥 • 透視度が低い 地点2 地点3 地点4 地点5 地点1 地点1 地点2 地点3 地点4 地点5

  5. 4.調査方法 4 2m 0.5m 胴網 ○魚捕獲調査方法 • 胴網 ※補助的にカゴ網を使用 • 釣り(6/9) • 追い込み(10/27) 定置網設置の様子 • ○調査項目 • 環境調査・・・透視度・水温・pH・DO・水深 • 生物調査・・・魚種・体長・個体数

  6. 5.調査結果<魚類調査> 5 • ○大榑川 • オオクチバス・ブルーギルを多数捕獲 • 在来魚の捕獲数は少ない • 地点5のオオクチバス・ブルーギル捕獲数が少ない • 地点3においてオオクチバスの成魚を目視

  7. 6 • ○大榑川で捕獲したオオクチバス・ブルーギルの体長分布 • オオクチバス  •  全て1歳未満の稚魚 •  体長10~29mmを多数捕獲 • ブルーギル •  体長45~59mmを多数捕獲

  8. 7 • ○中江川 • ブルーギルは捕獲され,オオクチバスは捕獲無し • 在来魚は多くの種が多数捕獲された

  9. 8 ○魚類調査結果のまとめ ①生息数 オオクチバス・ブルーギル 大榑川>中江川 在来魚 大榑川<中江川 ②大榑川地点5  オオクチバス・ブルーギル生息数が少ない 中江川にオオクチバス・ブルーギルの生息数が少ないのはなぜ? 大榑川の中で、地点5におけるオオクチバス・ブルーギルの生息数が少ないのはなぜ?

  10. 5.調査結果<環境調査> 9 • 大榑川 •  平均:106.2cm •  最大:219cm(地点1) •  最小:43.5cm(地点5) • 中江川 •  平均:81.8cm •  最大:118cm(地点3) •  最小:43.5cm(地点5) ○水深の変化 中江川の方が大榑川よりも水深が小さい傾向にある

  11. 平均:21.5cm 最高:61.1cm(地点4)最低:6.6cm(地点5) • 5月~8月中旬透視度が低い時期 ○透視度の変化 • 8月末~ • 透視度が高い時期 平均:14.4cm 最高:51.7cm(地点4)最低:0cm(地点1・2・4) 100cm未満 (地点1~3) ※ 透視度計は2cm未満、100cmより上が測定範囲外となるため、2cm未満は「0cm」、100cm以上のときは「100cm」として示した。 中江川の方が大榑川よりも透視度が低い傾向にある

  12. 11 ○環境調査の結果 • ① • 水深 •  大榑川>中江川 • 透視度 •  大榑川>中江川 水田が多い ②大榑川地点5  最小水深・最低透視度  平均水深・平均透視度が低い 他地点より水深は小さく、 透視度は低い傾向にある 最大値 最小値

  13. 6.考察 12 在来魚の種数・生息数 大榑川<中江川 オオクチバス・ブルーギルが影響している 中江川・大榑川地点5 大榑川と中江川で生じる2種の生息数の違いには、透視度・水深が影響 オオクチバス・ブルーギルの生息数が少ない 透視度・水深が低い しかし・・・ 河川内でなく、河川間での比較に留まる • 各調査地点の透視度に違いが無い 透視度のみを要因として検討することはできない • 透視度の他に考慮すべき要因がある 今後 2種と透視度の関係を明確にする→実験的手法 胴網では捕獲魚種が偏る→調査方法の再検討