Download
solar b n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
SOLAR-B 衛星による 太陽ジェット現象の観測 PowerPoint Presentation
Download Presentation
SOLAR-B 衛星による 太陽ジェット現象の観測

SOLAR-B 衛星による 太陽ジェット現象の観測

143 Vues Download Presentation
Télécharger la présentation

SOLAR-B 衛星による 太陽ジェット現象の観測

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. SOLAR-B衛星による 太陽ジェット現象の観測 下条 圭美 国立天文台・野辺山太陽電波観測所 2005年春季天文学会年会B20a 2005/03/28 @ 明星大学

  2. さまざまな波長のジェット • WL • Coronal WL Jet > 3 ×Rsun • Hα(~1万度) • Spray > 数万km • Surge 2×104~2×105 km • Spicule 6×103~1×104 km • X-ray(>200万度) • X-ray Jet 5×104~4×105 km • EUV(数十~100万度) • EUV Jet 5×104~4×105 km • Macrospicule 4×103~2×104 km • Explosive Event (~1500 km)

  3. 磁気張力によるジェット Reconnection Point 彩層蒸発流 磁気リコネクションにジェットの生成 • コロナ磁場と浮上磁場?による磁気リコネクション • 磁気圧・磁気張力による磁気エネルギーから運動エネルギーへの変換。 • リコネクションによって発生した熱エネルギーから運動エネルギーへの変換(彩層蒸発) <どちらが優位に働くのか?> (Yokoyama and Shibata, 1995)

  4. どのような状況でジェットが発生するのか?:1X線ジェットの発生領域の磁場どのような状況でジェットが発生するのか?:1X線ジェットの発生領域の磁場 (Shimojo, et al., 1998) • +・-の磁極が混在しているリ領域でジェットが発生しやすい。特に黒点近辺のsatellite polarityが良い。

  5. 磁気張力によるジェット Reconnection Point 彩層蒸発流 磁気リコネクションにジェットの生成 • コロナ磁場と浮上磁場?による磁気リコネクション • 磁気圧・磁気張力による磁気エネルギーから運動エネルギーへの変換。 • リコネクションによって発生した熱エネルギーから運動エネルギーへの変換(彩層蒸発) <どちらが優位に働くのか?> (Yokoyama and Shibata, 1995)

  6. 磁気リコネクションによる運動エネルギーへの変換:1リコネクションポイントの位置による違い?磁気リコネクションによる運動エネルギーへの変換:1リコネクションポイントの位置による違い? • リコネクションポイントが・・・ • コロナ中の場合 熱エネルギー⇒彩層蒸発⇒コロナ温度のジェット 磁気圧・張力⇒Hαサージ(ループ中に低温プラズマがあれば) • 遷移層の場合 熱エネルギー⇒彩層蒸発?⇒遷移層温度のジェット 磁気圧・張力⇒遷移層温度のジェット+Hαサージ? • 彩層の場合 磁気圧・張力⇒Hαサージ・スピキュール 熱エネルギー⇒周りの温度を上げるだけ。 (Based on Shibata, 1998, “Solar Jet and Coronal Plume”, p137)

  7. 観測から求めたジェットの温度(K) 彩層蒸発で予想されるジェットの温度(K) 観測から求めたジェットの質量(g) 彩層蒸発で予想されるジェットの質量(g) 磁気リコネクションによる運動エネルギーへの変換:2彩層蒸発によるX線ジェットの生成 • ようこう/SXTの観測 • ジェットの温度:  4~8 MK • ジェットの質量: 1012~1014 g • 彩層蒸発から予想される温度・質量と観測が一致する。 (Shimojo & Shibata, 2000, ApJ, 542, 1100)

  8. 磁気リコネクションによる運動エネルギーへの変換:3ジェットの生成はもっと複雑・・・:1磁気リコネクションによる運動エネルギーへの変換:3ジェットの生成はもっと複雑・・・:1 • コロナ温度の   ジェットの内部構造 TRACE衛星の観測により・・・ • ヘリカル構造 • プラズモイド的構造

  9. 2003/03/15  TRACE:171Å 63万度+ 40万度 200万度 15万度 15万度 50万度+ 40万度 30万度 10万度 5万度 3万度 100万度 100万度 25万度 磁気リコネクションによる運動エネルギーへの変換:4ジェットの生成はもっと複雑・・・:2 • SOHO/CDSの観測による多波長観測。 (2004年秋季天文学会M09b 下条・桑原・成影・横山・花岡)

  10. SOLAR-Bでのジェット観測 • EIS/XRTの同時観測 • DEMが取れるような、多波長・多フィルター観測。 • 時間分解能は、1波長・フィルター/20~30秒 • 領域は、崩壊する先行黒点の西側 • 活動領域のセンターからは外す。 • ジェットと磁場の関係 • まだSOLAR-B前にできる仕事がある。 • SOTでは、FGによる磁場マップムービーに期待。